コモンセンスペアレンティング幼児版

「子育てのイロハを学ぶプログラム」として、子育支援をしている自治体やNPOの団体から「コモンセンスペアレンティング幼児版」に大きな関心が寄せられています。とりわけ、その日本語版テキストとDVDをご紹介し始めてから皆様からの引き合いが大幅に増えております。

コモンセンスペアレンティングは、アメリカのボーイズタウンによって開発されたプログラムです。日本の児童養護施設をはじめ、様々なところで広く受け容れられています。既存のコモンセンスペアレンティングのプログラムは、その対象が小学生高学年以上に設定されています。そのため、以前より幼児編の作成が望まれていました。実は多くの虐待が幼児や低年齢の児童に集中していて、その現実に対応する必要があったことが背景にあります。ボーイズタウン病院の小児科医アン・ラッセル博士とボーイズタウンのコモンセンスペアレンティング担当のブリジッド・バーンズ女史等の協力のもと、幼児を対象とした「コモンセンスペアレンティング幼児編」が世に問われることとなりました。


Recommended